へし切長谷部

信長の愛刀は二振あるが、一振は「義元左文字」二振目がこの「へし切長谷部」といわれている。刀工は、南北朝時代の山城国の住人で長谷部派初代、長谷部国重である。国重作で現存する刀剣は、ほとんどが短刀だが、「へし切長谷部」は数少ない長刀である。元は三尺ほどあったが、大磨上がなされ今の長さになった。刃文は皆焼で、上半は湾れに小乱れが交じり、下半は大乱れが主体となっている。刃文が帽子に乱れこみ、横手筋から先にかけては反り返るようにぬけている。江戸時代の金工、柳川派の手による拵で桃山時代を象徴する絢爛な造りとなっている。「へし切長谷部」の名は、信長が起こしたある出来事に由来する。へし切とは、圧力かけて圧し切るこという。ある日、信長に仕える茶坊主が来客に無礼を働いた。激怒した信長に手討ちにされそう茶坊主は、台所の御膳を収納する棚に隠れた。信長は、刀を棚に押し当て棚ごとに茶坊主を切って捨てたという。この逸話からもこの刀の切れ味の鋭さが伝わってくる。信長はそんな由来を持った名刀を、まだ直臣でもなく、播磨の豪族小寺氏の家臣でしかなかった黒田官兵衛に下げ渡した。単なる偶然なのか、それとも信長の眼には、官兵衛孝高の中に、将来、希代の名軍師となる器が見通せたのだろうか。

You might be interested in …

香取神道流と鹿島新当流

投稿

神道流系は、下総の人、飯篠家直(号は長威斉、1387~1488)が創成した「天真正伝香取神道流」が母体となり生 […]

Read More

刃が使われている有名な慣用句、ことわざ

投稿

刃が用いられている慣用句、ことわざはいくつかあります。その中でも、「諸刃の剣」はよく耳にするものかもしれません […]

Read More

刀剣の値段の相場とは

投稿

日本刀、一度は持ってみたい、と思っている方はたくさんいます。日本刀は、どのくらいの値段で購入できるのでしょうか […]

Read More