香取神道流と鹿島新当流

神道流系は、下総の人、飯篠家直(号は長威斉、1387~1488)が創成した「天真正伝香取神道流」が母体となり生まれた。この流派には、上泉伊勢守信綱、松本備前守、竹中半兵衛、片倉小十郎の錚々たる剣豪が名を連ねる。また、派生した流派の「鹿島新当流」の始祖で剣聖として名を遺す塚原卜伝もいる。

陰流は、伊勢国の人、愛洲久忠(号は移香斎、1452~1538)が始祖といわれている。久忠が33歳の時、日向国の鵜戸神社に参籠した時、天啓を蒙り開眼したとされる。久忠の高弟、上泉信綱は、流派の奥義を極め、新陰流を創設した。その門弟には、柳生但馬守宗厳、神後伊豆守、疋田文五郎などの名人達人が次々と育った。中条流は、念流の始祖念阿弥慈恩の弟子念流十四哲の一人、中条兵庫助長秀が創設した。

更に、富田勢源の富田流、伊藤一刀斎の一刀流が分派した。その後、一刀流は、小野派一刀流、中西派一刀流、北辰一刀流、甲源一刀流に分派し、多くの優秀な剣客を世に送り出した。剣術の三大源流派で流派創設が早いのは、中条流と神道流系で室町時代初頭である。

You might be interested in …

地鉄(じがね)の種類とは

投稿

「地鉄(じがね)」というのは、日本刀の折り返し鍛錬の結果表面に美しい地紋が現れた鉄の素地の総称です。そして、地 […]

Read More

小烏丸と平家

投稿

現代にてもなお、その名を知られる名刀たちには、神話的な数々のエピソードが残されていることが多いようです。「小鳥 […]

Read More

孫六兼元の逸話

投稿

「青木兼元」以外にも「孫六兼元」作の刀剣は切れ味に関する逸話を多く持つ。歴代のなかで特に2代目の「孫六兼元」を […]

Read More