「三日月宗近」と正室ねね

「三日月宗近(みかづきむねちか)」は、秀吉の正室であった「ねね」に所縁の深い日本刀のようです。名刀のなかの名刀と称されるのは、その姿の美しさにあるようです。刃長は80センチほどでありますが、見る者たちを魅了する優美な姿が印象的でもあります。秀吉の正室であった「ねね」は、秀吉の死後、仏門に入ることを決意します。京都の東山に建てられた高台寺では高台院という院号を賜ったようです。秀吉亡きあと仏門に入った彼女のもとには、この美しい「三日月宗近」があったようです。彼女の手に渡ったルーツは明らかにはされておりませんが豊臣家の正室ねねの守刀としてふさわしい美しさを秘めた刀剣であります。ねねの死後、「三日月宗近」は、徳川秀忠の手に渡ったとされております。

You might be interested in …

香取神道流と鹿島新当流

投稿

神道流系は、下総の人、飯篠家直(号は長威斉、1387~1488)が創成した「天真正伝香取神道流」が母体となり生 […]

Read More

「妖怪村正」歴史の移り変わりとともに

投稿

合戦などの戦闘に適した切れ味のするどい日本刀として知られている「村正(むらまさ)」は、室町時代の刀工としてその […]

Read More

剣術の成立

投稿

剣術の成立時期は明らかではない。奈良時代に成立した歴史書「日本書紀」に「撃刀」「多知宇知」の記載が見られる。よ […]

Read More