刃が使われている有名な慣用句、ことわざ

刃が用いられている慣用句、ことわざはいくつかあります。その中でも、「諸刃の剣」はよく耳にするものかもしれません。一般的なメディアに加えて、いわゆるサブカルチャーの分野でもしばしば使われています。「諸刃の剣」とは、行動を起こすとメリットだけではなくデメリットが発生する恐れもある、といったニュアンスです。

「付け焼き刃」という慣用句、ことわざも有名です。意味は、一時しのぎのために雑な知識や僅かなスキルを身に着ける事となります。基本的にネガティブなニュアンスで使われており、誉め言葉としては適当ではないでしょう。悪徳な刀鍛冶や商人が、偽の名刀の焼き刃をつけて販売商品を騙った事が、その慣用句、ことわざの由来とされています。

You might be interested in …

日本刀と刀工

投稿

多くの専門家たちが、日本刀の本当の素晴らしさについて語っておりますが、日本刀が世界に類を見ない価値のある存在と […]

Read More

南北朝時代・室町時代の名工とは

投稿

武器として、今でも小説や漫画、アニメやゲームに登場し、人気を博している日本刀ですが、歴史の中で、多くの人々によ […]

Read More

「妖怪村正」歴史の移り変わりとともに

投稿

合戦などの戦闘に適した切れ味のするどい日本刀として知られている「村正(むらまさ)」は、室町時代の刀工としてその […]

Read More