旗と指物とは

日本では、歴史上多くの戦いが繰り広げられてきましたが、その中で、様々な道具が使われてきました。武器や防具はもちろんのこと、旗と指物というものもよく使われました。では、それはどのような役割を持っていたのでしょうか。
旗や指物とは、戦国時代以降の戦場において、武士が自分がここにいること、それからどの集団に所属しているかを示すためのものです。旗は合戦に使われるまでは、儀式などでのみ使われる、非常に平和的な使い方をされていたのですが、時が流れて、合戦においてよく使われるようになったということです。
使われ始めて最初のほうは、旗の上部のみ固定するという方式を取られていましたが、絡まってしまうため、段々と上部と横部を固定するようになりました。それから、武士個人が背中に背負った筒に差すようになりました。これが旗指物です。
このような歴史を知り、ぜひ旗と指物を楽しみましょう。

You might be interested in …

刀鍛冶(かなたかじ)

投稿

皆さんが普段何気なく台所で使っている「包丁」をつくる技術は、その昔、日本刀をつくる刀鍛冶(かたなかじ)たちの技 […]

Read More

刃が使われている有名な慣用句、ことわざ

投稿

刃が用いられている慣用句、ことわざはいくつかあります。その中でも、「諸刃の剣」はよく耳にするものかもしれません […]

Read More

刀と刃の違いと刀と刃の漢字の伝来について

投稿

刀と刃の違いは案外、分かっているようで知らないものです。刀と刃の違いはまず、刀と刃の漢字の伝来を知ることが大切 […]

Read More