軍刀需要の高まり

日清戦争、日露戦争と戦争が続いたことで、日本での軍刀の需要が高まってきました。近代の戦争では、重火器がメインになっています。しかし弾薬がなくなった場合には、白兵戦が必須となります。軍刀が必要にもなったにも関わらず、多くの刀匠は廃業や転業などを行っていました。これは、廃刀令が出されたことが原因です。軍刀需要に応えられるほどの体制を整えることができません。そのため日本軍は、鋼板などを使った量産可能な日本刀の製造をはじめました。とにかく実用性を重視しており、三十二年式軍刀・村田刀として有名です。美的な価値はほとんど考慮されずに作られている軍刀ですので、昔からある日本刀とは作りが全く異なっています。とは言え、実戦で使うにはやはり軍刀の方が優れていたと考えられています。軍刀もまた、日本を護ってきた刀のひとつでしょう。

You might be interested in …

日本刀と刀工

投稿

多くの専門家たちが、日本刀の本当の素晴らしさについて語っておりますが、日本刀が世界に類を見ない価値のある存在と […]

Read More

香取神道流と鹿島新当流

投稿

神道流系は、下総の人、飯篠家直(号は長威斉、1387~1488)が創成した「天真正伝香取神道流」が母体となり生 […]

Read More

東郷平八郎と戦いを共にした刀

投稿

日露戦争での日本の勝利を確実なものにしたことで知られる東郷平八郎は、戦争中も吉房という日本刀を腰から提げていま […]

Read More